スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大学生で一人暮らしを始めた方、生活費で楽天ポイントを貯めましょう♪

先日、娘が申し込んだ楽天クレジットサービスさんから確認のお電話をいただきました。
「私が楽天さんでカードを作るよう勧めたんです(・ω・)ノ」
と一言お伝えしただけであっさりと発行されました。
学生さんはご実家の親御さんに連絡して申し込むとスムーズかと思われます。

そして本日、約1週間で娘の手元に楽天カードが届いたようです。
いよいよ楽天ポイント貯まりまくりライフの始まりですね!
カードが届いたらすぐに裏面にサインをしましょう。
英語でも日本語でもどちらでも構いませんが、使用する時に同じ書体にするのが大切です。
使う時には暗証番号を入力するか、サインをするかいずれかで支払い契約が成立します。
(どちらかひとつだけです)
クレジット払いをしたレシートは引き落としまで保管しておいて、
楽天の確定データと照合するとよいですよ。

それから、ポイントを貯めるには固定費をクレジット払いにするのが効果的です。

〈固定費〉すなわち
・家賃    →ムリ
・電気    →クレジット払いに
・ガス    →クレジット払いに
・水道    →クレジット払いに
・スマホ料金 →クレジット払いに
・NHK受信料 →クレジット払いに

これらをただの口座引き落としから、
クレジット払いに変更すれば支払い金額の1%が楽天ポイントになります。
ただ、注意しなければいけないのは電気料金の支払いです。
各電気会社で「口座振替割引」という制度があり、
例えば関西電力の口座振替割引額は1ヶ月につき54円です。
楽天カードでは5,400円分のポイントに該当しますので、
この金額を常に超えるようでしたらクレジット払いに、
そうでなければ普通に口座引き落としがよいでしょう。
この他にも各業者さんでサービスをしている可能性もありますので、
確認してからお手続きしましょう。

クレジット払いに変更する手続きは各業者さんのホームページか、
電話でお問い合わせすれば親切に教えてくれます。

これからは、日々の食品購入やカフェやカラオケなど、
カード支払いが可能であれば「翌月一括払いで」と指定してどんどんポイントを貯めることができます。
ネット店舗でのお買い物も、払込手数料が掛からすにお支払いできます。

でも、スキミングと怪しいネットのお店にはくれぐれも注意してくださいね!
お買い物した分、引き落とし口座に入金しておくこともお忘れなきように!

そしてっ!
くどいようですがクレジットカードを持ったらしてはアカン事が2つ!!

・リボ払い
・キャッシング


この2点は堅実なよい子はしてはなりません。
これらは借金です。
キャッシングといっても自分の口座からお金を引き出すアレではなく、
信販会社から高金利でお金を借りる行為です。
当然決められた金利で利子を支払わなければなりません。
そして、買い物の時は「翌月一括払いで」通しましょう。

カード会社の中には、初期設定がリボ設定になっているものがあります。
「一括払いを指定しても、自動でリボ払いに変更できるサービス」という
なんやそれはっていう設定もあります。
よく注意して申し込みましょう。

楽天カードの申し込みはこちらからどうぞ♪

        
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。